~以下引用~

 

西洋医学の流派には、心理療法(サイコセラピー)、整骨療法(オステオパシー)、自然療法(ナチュロパシー)、同種療法(ホメオパシー)、逆療法(アロパシー)の5種類がありました。

 

今日は、その一つであるアロパシー(Allopathy)だけが「西洋医学」となり、これ以外の流派は「非合法」となっています。

 

当初、アロパシーは「逆療法」と、まともに訳されていましたが、現在は「対症療法」と偽訳されています。

 

つまり日本では、合法的な医学と言えば「対症療法」(アロパシー)であり、これ以外のものは原則として「非合法」であり、最近は「代替医療」と言われています。

 

アロパシーとは「病氣の症状とは逆のことをやる」と言う意味です。

つまり、

血圧が上がれば、下げる方法を考える、

熱が上がれば、下げる方法を考える、

咳が出れば、止める方法を考える、

 

単純そのもので、恐ろしく幼稚な療法です。

 

何故、血圧が上がり、熱が上がり、咳が出るのかを全く、考えないものです。

 

簡単な例を風邪で見ていきましょう。

 

風邪の症状は、  

熱が上がります:これは体温を上げて、悪い細菌を殺菌しようとしています、

咳・痰が出ます:これは、体内の悪いものを排出しようとしています。

 

つまり、風邪をひきますと、自然治癒力が作動して、治癒するための活動(症状)が自然に発生してきます。

 

ですから、このまま、殺菌活動・排出活動を継続していけば、風邪は根治されます。

そのためには、自然治癒力を高めてあげれば良いのです。

 

あらゆる病氣の症状は、この自然治癒力の発生です。 

 

しかし、アロパシーは、この自然治癒力に逆らい、

熱を「解熱剤」で下げ、咳を「咳止め剤」で止めてしまいます。

 

そうしますと、一時的に症状が和らげられますので、患者は「治癒した」と錯覚します。

実際のところ、細菌は体内に残り、異物・毒物は排出されないまま残留していますので、いずれ、再発したり、他の病氣に罹病することとなります。

 

さらに、折角、発動した「自然治癒力」の活動を阻止してしまいますので、自然治癒力が少しずつ低下していきます。

これが、新たな「病氣」に繋がります。

 

つまり、アロパシーは、自然(治癒力)に逆らい、自然治癒力を低下させ、次から次へと病氣に罹病するという悪循環を作り出します。 

 

あらゆる生物は、自然に、従順に共生することでしか、その生を謳歌することができません。

 

日本列島では、古来、自然に従順であり、他の生物・生命と共生してきた人たちが住んでいました。

 

あらゆる生命は、自分の命は自分で守ります。

 

自然そのものであります私たちには、自然治癒力があります。

自然治癒力があるから生命です。

自然治癒力 (自分自身の力 )を信じましょう。

 

万能に創られた、本当の自分を知り、それに感謝し、本当の自分を愛しましょう。